Vラインのムダ毛の自己処理脱毛

Vラインのムダ毛の自己処理方法はたくさんあります。しかし、ムダ毛の自己処理の前にVラインのムダ毛というのはどの部分を言うのでしょうか。ムダ毛というのはその名の通り無駄な毛ですから、Vライン(ビキニライン)という点で考えると、Vラインからはみ出た部分の毛がムダ毛ということになるでしょうか。そうなると問題なのがVラインのムダ毛というのは人によって範囲や形が変わってくるということでしょう。陰毛の生え方は人それぞれ違うのでVラインのムダ毛の自己処理をどこまでやるかはよく考えて行って下さい。

さて本題のVラインの自己処理方法ですが、毛抜きで抜くという誰でもできる方法、脱毛ワックスで剥がす方法、脱毛クリームで溶かす方法、そしてカミソリで剃る方法、このような方法が陰毛を脱毛する際の自己処理方法となると思います。最近ではレーザー脱毛が自宅でできるというような脱毛グッズもテレビショッピングなどで販売されておりますが、自己処理のメリットはお金をかけずにVラインが脱毛できるという点なので、自己処理をするのにお金をかけていたのでは本末転倒な気がしないでもないですね。Vラインのレーザー脱毛をするならエステや医療機関でしてもらうのが妥当でしょう。

Vラインのムダ毛の自己処理をする際の注意点ですが、抜く、剥がす、溶かす、剃るというようなどの方法においても問題なのは、肌荒れ、黒ずみ等というデメリットがあるということです。よくある自己処理でも失敗というのは、埋没毛(毛が埋まっていてほじらないと出てこない)がある。色素沈着を起こしている(ちょっと黒ずんでいたり、むらな感じがある)。毛嚢炎を起こす(毛穴がニキビのように赤くなっている)。剃っても毛の断面の黒さが残る。このような状態にならないようにVラインのムダ毛の自己処理をする場合には細心の注意が必要です。そして何より自己処理が大変な理由は、場所が場所なだけに脱毛部位が見えにくいため難しいという点です。

Vラインのムダ毛を自己処理で脱毛する場合は、以上のようなデメリットを理解したうえで失敗のないように行ってください。自己処理で脱毛する場合のメリットはお金がかからないという点になりますので、あまり高額な商品を買ったりするのはあまりお勧めできないような気がします。お金をかけるなら永久脱毛と言われるようなレーザー脱毛を医療機関などで行う方が賢明ですね。


【ミュゼ】回数無制限・全額返金保証付き!両ワキ+Vライン3,800円脱毛★
【2600円】回数無制限両ワキ脱毛★