Vライン陰毛自己処理

Vライン陰毛脱毛の種類

Vライン陰毛を自分で脱毛する場合の方法について考えてみました。

Vラインの永久脱毛をお考えならばプロに任せるしかありませんが、こまめに自己処理するならお金もかかりません。具体的には色々なところで見かける脱毛グッズや毛抜きなどを使うというものですが、Vラインの陰毛や更にはIラインやOラインともなると性器近くになるので危険も伴います。

脱毛方法の種類ですが、毛抜きで抜く、脱毛テープ・脱毛ワックスで剥がす、脱毛クリームで溶かすそしてカミソリで剃るということになると思いますが、これらにはそれなりのリスクもありますのでよく調べたほうが良いと思います。

例えばVライン回りの陰毛を毛抜きで一本一本抜いたという方の話を聞いたことがありますが、これはリスクというよりもまず非常にめんどうです。更には陰毛を抜いた所に黒ずみができたり、毛嚢炎になったり、埋没毛ができてしまったりと結構大変な思いをしたようです。そして何より毛抜きで抜いても陰毛はまたすぐ再生してしまうので、何度も同じ作業をしなければならないというデメリットがあります。

今回はVラインを毛抜きで処理する点について書きましたが、他の方法の具体的なやり方やリスクとその効果なども調べてみましょう。

Vラインや陰毛の処理が煩わしいと思うならやはり永久脱毛が一番です。専門のクリニックなどを探して正しい知識を身につけましょう。


【ミュゼ】回数無制限・全額返金保証付き!両ワキ+Vライン3,800円脱毛★
【2600円】回数無制限両ワキ脱毛★